2016年02月13日

久しぶりの日記。

最近、歳のせいか?夜は眠たくなるし、面白いネタもないし。
サイトの更新を長い間してなかったが、
ほおっておくと、サイトが消されそうなので、
久しぶりに書き込んだ。
posted by 熊五郎 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

ある人。

人々は、口を揃えて、「彼は優しい人だ。」と言う。
仕事を手伝ってくれたり、
仕事の帰り、駐車場まで相傘(男と男)をしてくれたり・・・。

本当に優しい人は、
「本当の優しさは強さを併せ持っています。なぜならば、見かけの優しさは弱いので、すぐに消えてしまうからです。優しさに似た言葉として、優柔不断があります。「優しく柔らか」なのに、決断ができないことを意味します。優柔不断な人は、大切な人を守ることができません。本当の優しさは決して柔らかなだけではありません。
人が憂うと書いて優しいとなります。人の憂いを感じることができ、その人の心を慰めることのできる人が優しい人です。つまり、人の悲しみを深く感じることができなければ、本当に優しいとは言えません。そういう人は、人生の中で大きな憂いを乗り越えてきた強い人です。憂いを経験していない人は優しい人にはなりません。強くなければ、優しくなれません。(grocklingさん)... yahoo!知恵袋からの抜粋」
と私も思います。


彼が、本当に優しい人ならば、私に向かって、「うざい、きもい、消えろ・・・。」などと怖い顔して言うでしょうかねぇっ!


【追記】彼に見に覚えがないことを言われたので??だったのですが、
どうやら、恋敵だかららしいです。恋敵ってのも、彼の勘違いなのですが・・・。
本当に困った話です。
posted by 熊五郎 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

○○らしく。

ふとっ、思った事。


仕事中、あることがきっかけで、

高校生のとき、「兄貴らしくしろ!」って、言われながら、弟に顔を殴られた事を思い出した。

○○らしくって言うけれど、

そんな型にとらわれないで、

もっと自由にすりゃ〜良いのに、

その方がどんなに楽か。


posted by 熊五郎 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

あなたへ。

自分を探そうと、神仏に頼るのは、有りだと思うけど、
今、この瞬間(とき)を生きる僕らにとって、一番大切なのは、
信頼できる人がそばに居ること。

そんな人が居る人は幸せだなぁーと思う。

よっしゃ、今日も、そんな人探しに出かけるか・・・。
posted by 熊五郎 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

中高の同級生。

近くの薬局へ行く。
中・高時代の同級生を見かける。
人生の半ばを過ようとする我々だが、彼は妙に老け込んでいた。
この年代になると色々とあるのだろうけど・・・。


posted by 熊五郎 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

何ともいえない、この虚無感。

今まで信じてきたものが、一瞬のうちに崩れ去った。

この世の中に私が信用できる人は居るのでしょうか?


「超絶 ブッタの言葉」のなかに、
「いっそただ独りぼっちで歩むのが清々しい。まるでインド犀の頭に一本だけシャキンと突き出た角のように。」とあるけれど、
このようには、そう簡単に、いかないでしょう? 
だって私は凡人だから。

posted by 熊五郎 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今思えば、すべて辻褄が合う。

騙されてたんだなー。
今の仕事場で一番信用してた人で、誠心誠意をもって付き合ってきたけど、
最後の最後まで身を守るためか?修羅場の場面でもしらをきる。
なんとご立派なことか!

またも私の見込み違いか〜、この人も普通の人だったんだなー。

この1年もの間、よくぞ騙しとおしてくれたもんだ!!さすが、脱帽。


まー、あしたにゃー明日の風が吹くさ!


posted by 熊五郎 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

残念。

先日の飲み会で、
A氏に私の第一印象を聞いてみた。
その衝撃的な内容(貴方とは、どうしても、袂を連ねることができない!)にショックを受けたが、
今では、こうして飲みあう仲である。
これは、私の誠実な人となりを理解してくれたのであろう。

ってことは、私のことを嫌っているあの人たちが、私のことをもっと良く知ってくれれば、
今とは違った良い関係で居られたのに。



posted by 熊五郎 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

何ともいえない、この閉塞感。

ここんとこ、人間関係でいろいろあって、自分とゆうものを見失いつつある。

しかしながら、こんなときであるからこそ、今までどおり、自分らしく、
何事にも誠心誠意、当たっていこうじゃないか。

いつかきっと、周りの私とは違う人達は、真の私とゆうものを解ってくれるだろう。
そしたら、今の閉塞感から開放されることだろうよ?

posted by 熊五郎 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

さよなら、朝昼座談会。

ある事がきっかけで、最近の楽しみだった朝昼座談会から、さよならすることになった。
二人の女性を中心とした数人の女子グループからなるもので、そのなかに唯一の男性として混じっていた。

女子会ののりでみんな話してるから、それは、もー、とてもとても面白い!さよならなんて、とっても残念だよ。
そこの中心メンバーの女性二人ときたら、年上の私に説教をするくらいだから、すっごい人達だなーって一目置いていたんだけど、今回の件で普通の人間と変わりないことが判明。
年齢性別の垣根を越えて人間として付き合って行きたいと思うほど惚れ込んでいただけに、ちょっぴりガッカリ。
まぁ〜、いつかは、何事もさよならは来るのだから、それがただ早まっただけのことだ、しゃーない。

さぁー、次の楽しみ見つけようぜ!



posted by 熊五郎 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

苦悩。

最近の楽しみだった、朝の座談会。
20代、30代と自分より若く可愛らしい女性達数人に囲まれて。時には、それを羨む男性の方に、嫌味を言われたりする事もあるけど、楽しかった。
それも、あることがきっかけで、私はその座談会から追放されちゃいまして、
今や、楽しみがなくなっちゃいました。
今後どうしましょうか・・・ねぇ〜。

ところで、先日まで仲良かったはずの女の子達。あまりにも親しくなりすぎたのでしょうか、あることがきっかけで、険悪なムードに。
あまりにも親しくなりすぎると、相手の嫌な部分が見えてきますから、それを受け入れることが出来なければ、相手のことが嫌いになっちゃうんでしょう。長く付き合うには、適度な距離を持った方が良いんでしょうか。・・・無事になるよう祈る!

posted by 熊五郎 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ふと思った。

熱田神宮の大楠の下でふと思った。

大勢の中では、自分ひとり消えても、何も変わらないのでは?
否、違う。
人は、必ず、誰かと関わり、その存在は、何かしら、誰かのためになっている。
また、AはBのために、BはCのためにと連鎖しているから、大勢の中ではちっぽけな存在Aでも、それが消えると、連鎖しているがゆえ、全体に多大なる影響を及ぼしかねない。

たかが一人、されど一人である。

posted by 熊五郎 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

相手のためにと・・・。

相手のためにと思ってやってきた言動が理解されないのは何とも心苦しい。
それが、きっかけで、それまで良かった関係が、悪化したのなら、もーう最悪。
もうそうなると、相手の器量不足で、相手が自分の事を分かってくれてなかったと諦めるしかないのかな?

posted by 熊五郎 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

これも定めか?

誠心誠意やってきたつもりだけど、何かから回りしちゃって、相手に上手いこと伝わらず嫌われてしまった。

これも定めか?

この思いを誰かにわかってもらいたいところだけど、まわりには誰も居ないや。

いま、ものすごく孤独を感じる。我寿命はあとどのくらいだろうか?


posted by 熊五郎 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

嫌な思い出がよみがえる。

今日のある出来事から、10年前の嫌な思い出がよみがえった。

変な気遣いで、ばればれの嘘なんかつくな。ストレートに言って欲しい。

ほんとに相手のことを思うのなら、回りくどい言い方なんかいらない、ストレートに本音で答えた方がどんなに良いか。嘘だとわかった時のショックは計り知れない。

それが、信頼してた人達なら、なおさらショックは大きいものになる。


posted by 熊五郎 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

近くのイオンで買った「HEADのジャケット」の2度の交換。

去年の11月、近くのイオンでHEADのジャケットを買う。これが2度も交換しなくてはいけなくなることに。

1度目の交換。
12月半ば、買って1ヶ月ほどほったらかしにしてたHEADのジャケットを着るも、ポケットのジッパーの留め金具が布地をはさみ動かなくなる。力づくで動かしたら留め金具が外れる。もとにもどらない・・・。ふと、反対のポケットを見ると、ポケット下の縫い目のところがほつれてて中が見えるじゃないか〜。不良品だー。返品か交換だな。
ただ、買って1ヶ月も経っているので、返品か交換に応じてくれるだろうか?
気に入ってた商品だったので交換を申し出たところ、快く応じてくれました。それに、交換の時、値下がりしてたので、その差額分も返金で。

2度目の交換。
年明け早々、交換商品を着るも、また同じようにジッパーが壊れる。今度は留め金具が破損して使い物にならない。不良品だー。返品か交換だな。
イオンに行くと先回と同じ担当者だ。覚えてるかな?「あのクレイマー、またきやがった。」と思われるかも?
今回も快く交換に応じてくれた。ただ、途中、上司が出てきて、そちらの方が、もっと対応がよかった。


ところで、このHEADのジャケットのジッパーはよく布地をはさむので、きっと3度目もあるだろう?



posted by 熊五郎 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

可哀相なこの子供・・・

今日、ボウリングの会がありまして・・・、
いつも通りの良いスコアーが出ないんです。

隣のレーンの6歳ぐらいの子がどうしても気になってしょうがない!

レーン横の従業員用通路を走っているんです。ピン横まで行ったり、もう・・・。
挙句には、レーン上に進入し、私達のレーンを横切り、隣のレーンまで走る!

となりには、母親がいる。他に、何人かの大人も居る。
しかし、誰も注意しようとしない。
この子は可哀相に見放されてるんでしょうかね?

つい、いたたまれなくなっちゃって、
彼を呼びとめ、両肩をグッととつかんで、涙ながら?に諭してしまいましたよ。


そのかいあってか、私が睨みを効かしている間は、レーンに進入することはありませんでした。

posted by 熊五郎 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

気になるお店。

近くの靴屋。
その店で、閉店セールの貼り紙を見たのは、去年の暮れ。
いまだに、貼ってある。

その貼り紙は、もう色褪せてしまっていた。


一体、いつになったら閉店するんだろう??

(写真でお見せできないのが残念です。)

posted by 熊五郎 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

蓮舫氏も、原口氏を批判する「筋合いまったくない」と思うが?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/492156/
蓮舫氏、原口氏の政権批判に「筋合いまったくない」
産経新聞2011/02/18 12:04

蓮舫行政刷新担当相は、18日午前の記者会見で、原口一博前総務相の批判について「民主党の原点である無駄ゼロ日本をつくるために全力で仕事をしている。このことを批判される筋合いはまったくない」と反論しているそうだが、
それは、何の法的効力もない事業仕分け事業のことを言っているのか?

公務員給与カットなど、まだまだやってないこと多いとゆうのに、消費税を上げようとしてるのはおかしな話で!

いったい、何を全力でやっているのだろう?

posted by 熊五郎 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

仕舞ったなぁ〜。

今日、ドリンクを買おうとFEELに入ろうとしたら、駐車場で、前の初心者マーク付きの車が急にバックしてきたもんで、ぶつかってもうた。

幸い、車に着いたキズもたいしたことなく、強面の若いお兄さんが何度も謝ってきたので、すぐに許してあげた。


今、思ったけど、
・慰謝料500円ぐらいでも取ってやろうかぁ〜?⇒当然、このお金は、何処かに寄付しますよ!
・彼が、今度、被害にでもあったとき、恩返しじゃないけど、今日のことを思い出してもらって、相手のことを許せるものなら、許してあげるよう、言っとけばよかった。

・・・などなど、ただ許すだけじゃもったいなかったなー。



posted by 熊五郎 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットグラフ



 ??kg(残り-13.6kg)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。