2006年12月21日

変な、外国人と日本人。

ひょんなことで知り合った外国人のAさんに、

どこに住んでるのですか?と聞くと、
「○○町の○○ビル。」と答える。

聞いたことがないビルの名前だったから、
隣のビルはどんなビル?と聞くと、
「生ビールの広告があるだけに、生ビル(生ビール)!」と、一人うけして、げらげら笑っていた。


「お前の駄洒落はつまらん!(大滝秀治風)」けど、
一人うけして一人笑うAさんの姿を見て、ついつい笑ってしまった変な日本人の私であった。
posted by 熊五郎 at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

烏か、猫か?

街中を歩いていると、4cmほどの柵の上で1匹の猫と2匹の烏が睨めっこ。
猫は、柵の上をふらふらしながらも、烏を捕まえようと必死な様子。
2匹の烏は、猫の前と後ろで、あざ笑うかのように、ぴょん、ぴょんっと。
どう見ても、烏のほうが上手で、猫が遊ばれている様子。
この後、どうなったか気がかりであったが、その場を去った。

さー、この後どうなったか?
大方の予想では、このまま猫は遊ばれ続けるだろう。
でも、もしかしたら、猫は烏を捕まえることができたかもよ?
(この先、何が起こるかわからないのが人生! 浪花節だよ人生は〜♪)

posted by 熊五郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

電車内にて。

先日、電車に乗り、席が空いてたので座った。
右隣は空席。左隣には、難しい問題集を解くのに必死な20代の男性。その隣には20代の(かわいらしい?!)女性が座っていた。
そこへ、彼女のお友達が乗り合わせてきて彼女の前で立っていた。
その様子を見て、大抵の人は席を譲ったりするのだろうけど、しばらくしても、隣の男性は(問題集を解くのに夢中なのか?)、席を譲るような気配がまったくない。
そこで、昔やってたTVの番組を思い出した。
私が右隣の空席に移ったら、どうなるか?きっと、隣の男性もいやがおうでも、空いた右の席に移って、立っている女性の友達に席を譲ることでしょう。

結論、そうなった!
posted by 熊五郎 at 21:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

僕の歩く道。

最近のお気に入りのドラマは、僕の歩く道です。
草薙剛くん演じる自閉症の青年 輝明を取り巻くドラマ。
自閉症のことをあまり知らないのに病気ってこと(皆と違う)だけで周りの目は冷たい。
しかし、彼と接し彼のことを知ることで、周りの彼を見る目がだんだんと変わっていく。そして、彼の自閉症ゆえの率直さ、そして、周りとの関わりで成長する輝明をみることで、すさんだ周囲の者の心を素直にさせていくところに感動する。


追記
このドラマで、「都古ちゃん」はイケ面で獣医である河原さんと結婚する。
しかし、憧れだったはずの彼との結婚がどうやらしっくりこない。
彼女が本当に必要としていたのは輝明?ってことが次回明らかになるが、私が予想した展開(都古ちゃんと、輝明が結婚する。)になりつつある?





ところで、このTVを見ていたら、

icon
icon
レインマン(88米) <限定盤>
icon
を思い出した。
自閉症の兄レイモンドと接しているうちに、弟チャーリーのすさんだ心が変わって兄弟愛に目覚めていく感動の映画。
posted by 熊五郎 at 15:55| Comment(4) | TrackBack(0) | TVから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットグラフ



 ??kg(残り-13.6kg)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。