2005年11月30日

新たな恋の予感?

今、自分が出しているチャット部屋で、新たな恋の予感が...?
もうじき、クリスマスってのもあるのか、この時期一人で過ごすのは寂しいと感じる男女がめぐり会うのはそう難しいことではない。
と、人のことばかり気にしている自分はどうなのよ?さー、ねっ!
posted by 熊五郎 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

友だちのつぶやき

先日、友だちが”ぶつぶつ”つぶやいていた。「あ〜、何で俺の苦労が解ってもらえないのだ。」
俺は思う。解ってもらえなくてもいいじゃないか、その苦労で相手が救われるのなら。その苦労が相手に知れたところでどうこうなるもんじゃないし。遠くの木陰から見守るってのもいいんじゃない?

ところで、つぶやき四郎はどこいった?
posted by 熊五郎 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

交通渋滞緩和策

あるショッピングセンターの立体駐車場での話。
入り口付近に駐車スペースがあった。そこにある車が後続車が数台いるにもかかわらず止まろうとしていた。そこで質問。あなたがそのある車の持ち主ならどうする?
俺だったら、後続車を待たせるのは悪いから、先に進んで別の空きスペースを探す。「後続車に悪い」って本当に思ってるか?どうかは別として、先に進むことで交通の流れがよくなるのは確か。信号待ちをしてる時でも、先頭の車は特に信号が変わるのを注意して見ておく。そうすれば、迅速な発進ができ、一台でも多くの車が交差点を通過できる。
右折と直進ができる車線で、右折する車は早めにウインカーランプを点灯してくれれば、それを見た後ろの車は車線変更でき、右折車の後ろで待たされることがなくなる。
こういったこと(思いやり走行?)が交通渋滞の緩和になると思うんだけど、どうでしょう?
posted by 熊五郎 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 訴え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

ささやかな当たりくじ。

最近、いいことない。
俺に好意を持ってくれていた人が今ではまったく相手にしてくれなくなったことが、影響しているのか?!最近はまったくいいことなし。(このことが一番のショックなんだけど。)こんな俺に、今日、セブンイレブンからささやかなプレゼント。商品を700円以上買うとくじが引ける。それで、「赤いきつね」が当たった。
---------やった〜。--------------------------------------------------
posted by 熊五郎 at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

宇宙戦争

iconicon
    宇宙戦争(05米)icon

DVDを見た。
エイリアンによる地球侵略。地中から出現した巨大なマシンが、想像を絶する巨大な力で住民の虐殺と街の破壊を開始した。人類は逃げ惑うが成す術もなく倒れていく。
そんな中、主人公の”レイ”は子供を連れて車で逃げ惑うが、群集に囲まれ車から放り出され、われ先に逃げんとする醜い車の争奪戦が始まる。人まで殺しての。それにしても、どこに逃げ隠れしたって一緒なのに。冷静さを欠くと人は狂気になる。なんて醜いことか。おぞましい話である。
posted by 熊五郎 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ミリオンダラー・ベイビー

iconicon
     ミリオンダラー・ベイビーicon


DVDを見た。
貧しい家庭環境の中でボクシングだけを生き甲斐として育ってきた女性ボクサー”マギー”。彼女は試合で全身麻痺となり呼吸も人工呼吸器がないと生きていけない状態になり、それに耐えられず何度も舌を噛み切って自殺を図る。そんな彼女から「呼吸器を外してくれ」と言われたら、あなたならどうする?
彼女のボクシングトレーナーである”フランキー”は、迷ったあげく呼吸器を外す。いわゆる”安楽死”、いや、”尊厳死”させたとでもゆうべきか?彼は、教会にも相談に行っている。神父の答えは”神にすべてをゆだねる”だった。それでも、呼吸器を外した。彼は彼女のために罪を一生背負いながら生きることを選んだのだ。(彼は、その後、消息を絶つ。生きているのか?)
人が人の命を奪うことは許されざることではない。彼の罪は重き物である。しかし、それより、彼女の怪我よりも遺産ばかりを心配している彼女の母や妹達の方が俺に言わせれば大罪である。神が存在するならどうお裁きになるだろうか?

posted by 熊五郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

1リットルの涙。

主人公のアヤがバスに乗ったとき、搭乗者の一人がアヤの体が不自由だときづいた瞬間、席を譲った。アヤが店番をしていたとき、豆腐を買いに来たお客がアヤの体をきずかってアヤの手伝いをした。
病気で体が思うように動けなくなった以外、他の人となんら変わらない。何ゆえ、特別扱いするのか?ありがた迷惑な話である。本当に困ったときに手伝えばいいのである。それが本当の思いやりである。
 ところで、よく、病気などをして体が不自由になったりすると、ネガティブになって自分の存在価値について考えることがある。ときには、死にたくなることだってあると思う。でも、誰にだって、存在価値はあるのだ。この番組の場合、少なくともアヤの存在で家族の絆が強くなったと思う。人を思いやる気持ちが備わった思う。
すべての人間は、ある使命を持ってこの世に生まれた。それに気づかないだけで無駄な人間はいない。
posted by 熊五郎 at 01:30| Comment(2) | TrackBack(2) | TVから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ある運転士の懲戒解雇処分

先日、「東武鉄道の30代の運転士が、長男(3)を運転室に入れて乗務したために、同社が懲戒解雇の方針を固めた」とゆうニュースを見た。これを受けて、同社に「解雇は厳し過ぎる」「長男が将来、自分のせいで父親が解雇されたことを知ったらショックを受ける」などと抗議が殺到しているらしい。運転士は現在、自宅待機を命じられている。
同社は「服務規定などで、第三者を運転室に入れないよう定めている。入れた場合の処分は明文化していないが、同社は「安全運行を使命とする鉄道事業者にあってはならないこと」と解雇方針を変えるつもりはない。」と言っている。昔、諸葛孔明が「泣いて馬謖を斬る」話があったけど、同社は今回のことを「安全運行を使命とする鉄道事業者にあってはならないこと」と厳重な態度で臨んで内外に示したわけだから、もし、ここで、この抗議で「懲戒解雇」を取り消したりすると、何のために厳しい判断を下したのかその意味がなくなってします。東武鉄道の威信失墜につながる。
しかし、前にも、このようなことはあったと思うがそのときの処分はどうだったか?きっと、もっと軽い処分だっただろう。だとすると、今回の運転士は不運であったとしか言いようがない。処罰の明記をするべきである。そのときの情勢で刑罰を替えたりするのはその会社の資質に問題あると思う。となると、やはり、同社は威信がないのか?



posted by 熊五郎 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

のびた

今日、ふとTVをつけたら、「ドラえもん」がやっていた。主人公ののび太くんは、何もとりえがないので有名だが、今日のお話は違っていた。「空気銃」で、のび太とその友だちがガンマンになり、誰が勝ち残りガンマン王になるのかって話。勝ち残ったのは、のび太くんだった。何もとりえのなく、うだつがあがらないのび太くんでも、ガンの腕前だけは、ピカイチ。とりえがあったのだ。どんな人でもとりえはあるのだ。
でも、この話にはオチがあって、玉の残りを間違えて、お母さんを打って寝かしてしまい、晩御飯が食べれなくなってしまった。算数ができないのび太くんでした。
posted by 熊五郎 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(1) | TVから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

あほ〜。

今日、ヤフーチャットの機能の中にPM(プライベートメッセージ:1対1でメッセージのやり取りをする。)があって、それである人に声をかけたら、「今、ちょっと、手が離せないので、少し、待って〜。」と言われたので、言われたままに、今か今かと、相手からの返事を待つ、かわいい(あほな)熊ゴローでした。じゃんじゃん♪
(返事は、待ってても来ないのにね〜!)
posted by 熊五郎 at 00:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

噂に翻弄されてはいけない。

噂に翻弄されてはいけない。
真実は一つなり。それをよく知っているのは自分である。噂が虚であるのなら、何を慌てふためくことがある?堂々としていればいい。変に動揺するから、傍から見ると、虚でも実になる。ただ、それを、一人、耐え忍ぶのはどんなに苦しいことか。その噂を虚であると信じてくれる、疑問に思ってくれる人が一人でもいてくれればどんなに心強いか。
自分は、その虚であると信じる側で居たいし、そう思ってくれる人が一人でも多くいて欲しい。でも、今の自分は一人いてくれれば幸いかな?
posted by 熊五郎 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

慰めの言葉より金をくれ!

異性の友達に、恋に破れたことを話すと、必ず言われる言葉。
「○○さんは、いい人だから、必ず、いい人見つかりますよ。」
本当にそう思って言ってるのか?怪しいもんだぜ。もし、そう思ってるのなら、自分を推挙しなさい!
その○○さんの身近にいる自分がその人のことをスキになれないのに他の人が好きになるか?
posted by 熊五郎 at 21:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

たばこ

スロットに行くと、一つ嫌なことがある。それは、隣の人のタバコの煙。吸いたくもないのに吸ってしまう。その臭いが服や髪についてしまう。
スロットをやる以上、それは、しょうがないことだが、問題なのは、煙が、吸っている人経由じゃなく、直接に自分のとこに来ること。自分の身をまったく汚さす、他人様を汚す、それが許せね〜。

タバコのどこがいいのか?自分の身を縮めるだけなのに、それだけならいい。
周りのタバコにまったく無縁の人の命まで縮めているのをご存知か?


ここで提案。今、高騰し続ける、ガソリン税(約50%)を減らし、タバコ税を(約50%に)増やす。これどう?
posted by 熊五郎 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 訴え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

友だちのブログが、突然、消えた。

友だちのブログが、突然、消えた。

ブログをやめる理由は知らないが、家庭の事情だろうか?何の前触れもなく、突然、「やめます、声援ありがとう」で終わるなんて、きっと、お家の中のうるさい人にやめさせられのだろう?
ブログ(日記)は、人間形成上、とっても、役に立つものだと思う。自分とゆうものを見つめなおすことができ、そこで、不確かな自分の考えをはっきりとしたものにしてくれる。
(中には、愚痴とかで、ストレスの発散の場としている人もいる。)
私の知っている限り、自分の家庭での役割をおろそかにしているようでもない。自分が気に食わんとゆうて、こんないいものをやめさせるなんて、なんとゆう、暴君ぶりなことか!

悲しいがな・・・。 

posted by 熊五郎 at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

苦痛な訴え。

時間迫る朝の通勤時、片道一車線の交差点で、右折しようと信号待ちしている一人乗りのワンボックスの方に言いたい。
ワンボックスやめて、軽自動車にしなさい!
あなたの車のおかげで後ろが渋滞してるんだから!そんなに大きな車に一人はないだろう!軽にしなさい。軽だったら、後ろの車は何とか通れるから、渋滞はなくなる。

って、勝手なことを言って「すいません」

posted by 熊五郎 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 訴え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットグラフ



 ??kg(残り-13.6kg)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。